NEWS

2017/12/22 00:00

浅草 / 浅草公会堂

fullsizeoutput_4d.jpeg

藍染 心の言葉巡り     

 

国内外から訪れる観光客で連日賑わう東京の下町、浅草。おなじみ浅草寺・雷門、食べ歩きが楽しい仲見世通り、レトロな遊園地花屋敷など古くから人気の観光地から、EKIMISEやまるごと日本などの新しいスポットまで、古さを大切にしながらもどんどん進化を続けています。そんな当地を舞台に、20171222日から24日までの3日間、浅草公会堂にて、【藍染 心の言葉巡り2017】が開催されました。本展では日本古来の伝統工芸である藍染に全国各地の現代俳人・歌人が創作した詩歌作品を施し、展示されました。会期中は詩歌を嗜む方々が訪れたほか、会場で初めて本格的な詩歌に触れたという学生達や、2階のホールにて行われていた日本舞踊の帰りにお越しいただいたご夫婦、浅草公会堂の目の前に面したオレンジ通りで開催されていたフェスティバル等、本展の他にもイベントが開催されている場所柄、ふらりと立ち寄っていただいた方々も数多く見受けられ、老若男女問わず様々な方に足を運んでいただきました。沢山の方々が作品と対話するかのごとくじっくりと鑑賞する姿が多く見受けられました。結びに、本展が沢山の方々にご来場いただき、喜んでいただく事ができましたのは、本展の趣旨にご賛同くださいました皆様のおかげでございます。改めまして心より厚く御礼申し上げます。今後とも、皆様方の更なるお力添えを賜りますことをお願いするとともに、皆様方のご発展、ご健康を心よりお祈り申し上げます。